酵素発酵脱臭剤:EZ-T

  • 有害ガスの発生予防

    アンモニア、硫化水素などど有害ガスの発生を抑えます。

  • 悪臭の除去

    酵素の力で蓄糞、スカム、汚泥等を強力に分解。悪臭を取り除きます。

  • 良質な堆肥作り

    堆肥作りに使用すれば発酵が促進され、堆肥の仕上がりを早め、良質の堆肥が出来上がります。ウジ、ハエなどの発生を抑えます。

良質な堆肥作り

成分 新鮮な果実、野菜、野草、海藻から抽出された酵素からできています。環境にやさしく、即効性があります。 1NET 20kg入
夏場や梅雨時、もちろん悪臭対策として抜群効果を発揮します。冬場防寒対策として畜舎を閉め切ることが多くなり、畜舎内気が悪くなってアンモニア濃度が上昇し、病原体から呼吸 器を守る気管粘膜に障害が起こり、肺炎など呼吸器系病原体に対して防御能力が低下し、病気にかかる割合が高くなってきます。「酵素発酵脱臭材」有害ガス、特にアンモニア分解に効 果を発揮しますで、畜舎を閉め切った状態でもアンモニア濃度を低く抑えることができ、それによって冬場に多い肺炎など発生を減らすことができます。また、飼育環境を改善してくれますで、環境悪化によりストレスから起こる下痢や食欲減退などが少なくなります。

使用方法

  • 1.オガコ 投入時から入れる場合・・・・・・・オガコ1立米に対し4~5kg
  • 2.敷材 上に振る場合・・・・・・・・・・・・・・・・1坪に200~300g/7~10日
  • 3.バーンクリーナーに振る場合・・・・・・・・・・朝夕に3~5kg ※1頭当たり100gが目
  • 4.糞尿槽1m3に対し、4~5kg 割合で投入

ペットボトル採取試験:EZ-T

本薬の実験

以下のテストは、2リットルのペットボトルに半分程度の尿を採取し、 本剤をティースプーンに1杯程投入しました。

  • ペットボトル実験

    ペットボトルに尿を採取し、本材の投入前と投入後を比較しました。 右側が無添加です、添加した左側と比較すると色の違いがはっきりと解ります。 添加した左側は、明らかに色が黒く3日後 には殆ど匂いが無くなりました。 温度も添加した方が暖かく感じられます。
    採取地点で60ppm有った物が、投入3日後には4ppmまでアンモニア濃度が減少しました。

  • ペットボトル実験

    アンモニア検知管は、50ml吸引で使用しています。濃度は、数字の倍の数値になります。
    (例 : 目盛り10=20ppm)

  • 宮崎県の養鶏場

    農家さんと農業改良普及センターさんにご協力頂き、以下のデーターを採取しました。

  • 鶏糞の採取

    鶏の出荷が終わってから、ビニール袋に鶏糞を採取しました。(1個、5kg)

  • 本剤の投入

    6つ用意した中の、3つに本剤を混ぜました。(1個、5kg)よく混合してから、測定します。

使用前1時間後2時間後24時間後
試験区試 - 118220.5
試 - 224253
試 - 328222
平均23.32.03.01.8
対照区
無処理
対 - 1201666
対 - 2261166
対 - 336221612
平均27.326.39.38.0
  • 経営規模:
    成牛40頭
    使用方法:
    側溝に毎日4kg投入
    (100g/1頭)
    効果:
    牛舎の匂いが減少、スカム等の塊が次第に溶けて、流れやすくなりました。
  • バキュームカーによる牧草地への堆肥還元

    使用方法:
    散布作業2日前に糞尿1立米に対し本材を5kgの割合で糞尿層に投入しておきます。
    普段から、側溝に投入している場合は1立米500gでOKです。
    効果:
    散布時の匂いの軽減、アンモニア濃度の軽減。
  • 経営規模:
    肥育150頭
    使用方法:
    ①3.3平米(1坪)に200~300gを床に散布します。効果は7~10日程度持続します。
    ②オガ粉1立米に5kgを混合し牛床に使用します。効果は30~40日程度持続します。
    効果:
    牛舎の匂いが減少、スカム等の塊が次第に溶けて、流れやすくなりました。
  • 堆肥作りに

    使用方法:
    切り替しを行う度に、堆肥1トンに対して本材1kgを表面に散布
    効果:
    堆肥化期間が短縮されました。
  • ブロイラー

    使用方法:
    3.3平米(1坪)に200~300gを床に撒きます。
    効果:
    アンモニア臭の軽減、出荷後の堆肥発酵が良く清掃が楽
  • 養豚

    使用方法:
    1立米のオガ粉に本材を5kg混合し、床に敷きます。
    効果:
    アンモニア臭の軽減

1,閉め切った畜舎で発生するアンモニアは、呼吸器の病気の原因となります!

鶏、豚は環境ストレスによって頓死することの多い畜種です。本材を1坪(3.3平米)に200g床散布することで、アンモニア等の有害ガスを抑えます。呼吸器などへのストレスを軽減し、健康に冬を乗り切りましょう。

2,冬場の床は、病原菌の温床です。

低温と乾燥の環境の中、病原菌は静かに住所を求め移動します。ひとたび着床し、適温と適湿を得たときには、一気に増殖します。低温環境の中で暖かい床面、家畜の体と床接着面や蹄の間は絶好の培養場となります。本剤は悪臭の原因となる悪玉菌を抑え、酵母菌などの有用菌を助けます。